ロゴ

身内が亡くなった際にすべきこと

身内が亡くなった際にすべきことは、まず葬儀会社へ連絡し、通夜と告別式の準備をすること。親族に葬儀の日にちが決まり次第連絡をすること。もう一つが遺品整理です。故人が残していった遺品を親族で片付ける必要があります。特にマンションやアパートで独り暮らしの場合、次の人へ部屋を明け渡す必要があり早めに整理をしなければいけません。

遺品整理と生前整理の違い

亡くなった後に整理をすることを遺品整理

遺品整理とは亡くなった方の遺品を片付けることを遺品整理といいます。不要なものと形見分けするものに仕分けをし、不要なものは処分をして片づけを行う方法です。基本的に遺品整理をするのは四十九日を過ぎてからと言われていますが、中には1周忌を過ぎてから行う人もいます。

生きているうちに整理をする方法

生前整理とは、親族が生きているうちに身の回りの整理をする方法です。生きているうちに整理をすることが出来るので、亡くなったときもその後遺品整理をする暇がないという人にもおすすめです。

プロの力を借りるとスムーズ!

遺品整理をしたくても何から始めればいいのか分からない、気持ちの整理がついておらず遺品整理が捗らない。そんな人こそ遺品整理のプロがおすすめです。遺品整理のプロに任せることで、遺品を傷つけずスムーズに片づけが出来ます。

遺品整理業者を利用すべき理由ベスト3

ダンボール
no.1

遺族に配慮しながら作業をしてくれる

今部屋にある遺品で、不要なものか必要なものか仕分けを行います。不要なものか必要なものかそれを決める時は親族の方に立会いをしてもらい、不要なものと必要なものに分けます。また、作業前には仏壇に手を合わせ、故人を偲びます。

no.2

遺品の買取を行っている

遺品整理をしているうちに、価値のある遺品が見つかった場合遺品整理業者が遺品の買取を行います。故人が骨とう品などのコレクターの場合、これらを買取してくれるのですっきりします。

no.3

効率のよい遺品整理ができる

遺品整理のプロが、親族に変わって遺品の整理を行います。部屋の広さと遺品の量によって派遣するスタッフの数が変わっていきます。遺品の整理をしたいが時間がなくてなかなか整理をすることが出来ないという人から人気です。遺族の場合だと、思い出に浸ってしまいなかなか作業が進まないので、効率よく作業をしてくれる点が利用すべき大きな理由の一つとなっています。

遺品整理の流れをしろう【業者利用の豆知識】

荷物

遺品整理の基本的な流れ

遺品整理をする際、まずは親族に連絡をし、遺品整理の日にちを決めましょう。遺品整理をする際、まずは不要なものと必要なものに分けていきます。遺品整理業者に依頼をする際は、まずインターネットの口コミサイトから、評判が良くご自身の家の近くにある遺品業者に依頼をします。遠くの場合出張費用が高くなってしまうので地元の遺品整理業者へ依頼をしましょう。都合の良い日に遺品整理業者へ来てもらい、家具や家電などの大きいものから小さいものまでプロに依頼をすればスムーズに片づけが出来ます。また最近では遺品の買取も行っており、処分に困るような骨とう品や趣味のものまで、業者が確認をして状態がよく売れそうなものは買取をしてもらいましょう。